神戸市長田区の格闘技道場、ブラジリアン柔術を習うなら『リフレクションBJJ』

ブラジリアン柔術とは?

ABOUT BJJ
ブラジリアン柔術とは?

ブラジリアン柔術とは一体何なのか?
ブラジリアン柔術について簡単にご説明させていただきます。

ブラジリアン柔術について

スパーリング風景
ブラジリアン柔術は格闘技の一種で、道着を着て行うスポーツです。
そのルーツは、ブラジルに移民した日本人柔道家が修得した技術や柔道の技術を伝え改変して出来上がりました。
絞め技・関節技が中心で、打撃がないのが特徴で、それゆえに、格闘技としては恐怖心が少なく、コンタクトスポーツのなかでは大人になってからの初心者や女性でも始めやすい競技になります。

打撃のない柔術は、相手と組み、主に上下のポジジョンで互いに技を掛けていく事で試合が進んでいく格闘技で、基本的なルールは関節技や絞め技などで一本を取る、あるいは試合中に与えられるポイント数で試合の勝敗が決まります。

発祥を辿ると護身術の意味合いもある柔術、その技は力任せではなく、身体の使い方やコツがあり、女性でも男性をひっくり返したり抑え込んだりする事が可能です。
上記の理由から初心者にも敷居は低く、長く続けられるという魅力に加え、チェスのように頭を使う戦略的な部分が大人達を魅了しています。


初心者でも仲間同士で教え合い、アドバイスをもらいながら繰り返し練習が出来、力の差があっても加減しながら相手をしてもらえるのはもちろん、柔術にも柔道や空手のように熟練度による帯制度がありますので、試合は帯の色別で行われる為、初心者と上級者が試合で当たる様な事も無いので安心して取り組む事が出来ます。

試合に出なければならない規則もありませんので、他のスポーツとのクロストレーニングとして取り入れている人も多いのが現状です。
ブラジリアン柔術の歴史はまだ浅いですが、近年急速に人口が増え、日本国内だけでもその人口は数万人から数十万人といわれています。
一歩足を踏み入れれば、いつしかもう抜け出せないほどハマっているかもしれませんよ?

Copyright © リフレクションBJJ. All Rights Reserved.

ページトップへ戻る